ビーツの食べ方

食べる輸血と言われるビーツを皮付きでホイルに包み、焼き芋を焼くついでに、壺焼き芋器で蒸し焼きしました。
甘っ!!
サイコロカットしてサラダに。
日本ではボルシチのイメージで馴染みのないビーツですが、180℃のオーブンで焼いたり、オリーブオイルでソテーしたりと、簡単料理で美味しくいただけます。
アスリートの方も筋肉の疲労回復に取り入れるビーツをもっと身近に。